子どもの心の「何か」が変わる。

群馬県高崎市の個別指導塾
スカイ予備校の塾長五十嵐です。

☆おかげさまで、8年連続国公立大学の合格実績が達成できました。

===================
スカイ予備校では、テスト前にテスト勉強会を実施しています。
主にテスト直前の土日を利用しています。
土曜日は朝から実施することもあります。

中3生の中には、朝9:00-夜9:00までいた生徒もいました。
私は今回の勉強会でも、「●●君は●時~●時まで来るように!」といった指示は一切しません。

なぜならそのように強制的に行っても「やらせている強制勉強」となり、結局終わる時間まで塾にいればいいや、という気持ちになってしまうのです。

これでは誰のためにもなっていません。

本人のためにもなっていませんし、
塾に行って勉強がんばっていると思っているお母様のためにもなっていません。

ある塾生A君の話をします。
A君は現在中2です。

塾に来た時も終わりの時間が気になり、早く帰ろうとする気持ちがばればれです。笑
私はそんなA君に、1週間前にある投げかけをしました。

「今日の塾の終わりにはどんな自分になりたい?」
そんな何気ない一言です。

するとA君は、
「・・・・・・・・・・」と沈黙でした。

私はそこで回答を求めるわけでなかったのですが、A君の変化を感じました。
確かに言葉では何も返ってきませんでした。

しかし、A君の中で「このままではマズイな」という気持ちがあることを感じました。

そして、テスト直前の日曜日。
午後6時にそのA君が勉強に来ました。

私は、「お!自主的に勉強に来たね!(と言葉に出さず)」
「こんばんは。じゃあ、テスト勉強やって行こうか。」と淡々と言う限度にとめて、
席に誘導しました。

そして、「今日は何時に帰る予定?」と帰る時間だけを聞くと、
「10時までです、」と即答。

おー!最後までいて頑張るかー!
A君の中で何か変化が出てきているなぁ~と、すごくうれしくなりました。

今回のテストで成果がでることが一番良いのです。
しかし、まだ数日あるので、ここからが勝負ですね。

お子さんがテスト前でも勉強にあまり興味がないようでしたら、一歩下がった接し方をされてみてください。

そして、お母様の希望をダイレクトに伝えることよりも、お子さんの変化を見るように気をつけてください。

するとちょっとした変化が大きな変化へ変わる瞬間がありますよ。
お子さんの変化が瞬時にわかります。

その良い変化を繰り返していくことが、自立への第一歩だと私は思います。

スカイ予備校 五十嵐
無料体験実施中 お気軽にお問い合わせください。
0120−5955−37