成績を上げるための3つのステップ

群馬県高崎市の個別指導塾
スカイ予備校の塾長五十嵐です。

☆おかげさまで、8年連続国公立大学の合格実績が達成できました。

===================

スカイ予備校  塾長五十嵐です。

あと1週間で高崎市内の中学の2学期期末試験が始まります。

成績があがらないと投げている中学生、高校生、そしてその保護者様も多いことでしょう。
成績を上げるためには3つのステップがあることをご存じでしょうか?

第1段階:「学習内容の理解」
第2段階:「理解内容の再現」
第3段階:「時間を意識した理解内容の再現」

詳細に説明しますと、

第1段階:学習内容の理解とは、文字通り学習内容をしっかりと理解しているか、どうかです。
学習のインプットです。英語などでいえば、文法などの基礎理解です。
進行形と言えば、be動詞+~ingなどをしっかりと理解する、ということです。

次に
第2段階:「理解内容の再現」とは、第1段階の内容をしっかりと覚えているか、です。
習ったことを覚えていない、復習しないと第1段階がすべて無駄になります。
アウトプット段階です。

本当に理解しているかどうかは、この第2段階が重要です。
たとえば自分が理解したことを人に説明できるくらいのレベルです。

そして、結構忘れがちなのが、第3段階:「時間を意識した理解内容の再現」という段階です。
理解もした。答案にも書ける。しかし、時間がかかりすぎる。

そんな生徒さんも多いのではないでしょうか?
時間をかければ解けるということは、テストではまったく点数に反映されません。
テスト時間内に答案を仕上げないといけないわけです。

「勉強をあんなにがんばったのに、成績があがらない!」という生徒さんは、この時間を意識するという点が足りない可能性があります。

速く正確に解くトレーニングが足りないと、このような状況になります。

多くの塾は第1段階(インプット)に力を入れています。
第2段階(アウトプット)は家庭学習にまかせていたり、簡単な確認テストで済ませます。
そして、一番重要な第3段階の時間制限を意識したトレーニングが足りないため、多くの生徒さんは「がんばったのに成績が上がらなかった」となります。

当塾では、テスト1週間前からプレテスト(期末テストを想定して作ったテスト)を実践して、第3段階のトレーニングを実践しています。

さあ、中学生は期末試験まであと1週間です。
がんばっていきましょう。

スカイ予備校 五十嵐
無料体験実施中 お気軽にお問い合わせください。
0120−5955−37