成功体験が子どもに自信を与える

群馬県高崎市の個別指導塾
スカイ予備校の塾長五十嵐です。

☆おかげさまで、8年連続国公立大学の合格実績が達成できました。

===================

スカイ予備校  塾長五十嵐です。

「成功体験が子どもに自信を与える」

子どもの時に体験しておくべきことはたくさんあります。
勉強、運動、人とのコミュニケーションなど。

その中で、私が特に重要だと思うことは、どんなジャンルでもいいので、何か一番になった、あるいはできなかったことを努力してクリアしたという成功体験です。

成功体験がないと、大人になってもある程度の壁を作ります。
それは自分自身への「どうせできない」という壁です。

この自分自身への壁を壊すことは、かなり大変です。
もう自分ではできないと思っているからです。

思い起こすと、私自身の成功体験の経験は、小学生2年生の時が最初だったように思います。

当時、体育の授業で「逆上がり」がありました。
クラスのほとんどの仲間は、簡単に逆上がりができます。

しかし、私を含めた5人程度は、逆上がりができません。

私は別にできなくてもいいや、という気持ちでいました。
しかし、1週間後の体育の日に3人の同級生が、逆上がりができるようになっているではありませんか。

正直驚きました。

そして、その友達に聞くと、お母さんと一緒に練習した。
と言っていました。

「え、練習したの。」
というのが、私の正直な反応。
他の二人も多少は練習したようでした。

残りは、私とあと一人でした。

先生は、「別にできなくてもいいよ」ということは言いません。
「できないのはお前ら二人だけだ。できるようになるように」
という昭和の鬼教育です。笑

私は、自分が「逆上がりができるようになる」というイメージ一切わきません。しかし、できないと先生に怒られそうだし。

しぶしぶ、昼休みごとに30分程度の練習をしました。
基本、いやいややっていますので、大して進歩しません。

できなくても、一応やるか、みたいな感じで、とりあえず毎日昼休みに練習しました。友達は、ドッヂボールや遊具で遊んでいます。羨ましい、みたいな感じだったと思います。

そして、次の体育の日がきました。
私の番がきましたが、できる気がしません。
しかし、この1週間練習したので、思い切ってやってみました。

すると、なんとできたのです。
今まで一回もできなかった逆上がりが。
練習でも一回もできなかったのに。

私は正直驚きました。
一回転、するっと回転し、綺麗に足から着地できました。

とても不思議な感覚でした。

この時、担任の先生が、すごく褒めてくれました。
「毎日、練習して、五十嵐が逆上がりができるようになった。
みんな、拍手!」

私はすごく嬉しかったのですが、照れくさかったです。

でも、この経験は大人になってから、私に大きな自信を与えてくれるきっかけになったのです。

今思えば、大したことではなかったかもしません。
しかし、子どもの時の成功体験は、その後の人生の大きなきっかけになることは確かなのです。

こんな小さな成功体験でも、お子さんの意識に大きな変化を与えます。だから、大小関係なく、成功体験を持っているかどうかは、とても大切だと思うのです。

お子さんは何か成功体験はありますか?

スカイ予備校 五十嵐
無料体験実施中 お気軽にお問い合わせください。
0120−5955−37