「暗記と理解のバランスが大切」


自己解決能力を育む学習塾、 スカイ予備校  塾長五十嵐です。
☆おかげさまで、8年連続国公立大学の合格実績が達成できました。
===================
「暗記と理解のバランスが大切」


中学生・高校生を持つ保護者様へ

自己解決能力を育む学習塾、スカイ予備校  塾長五十嵐です。
平成最後のクリスマス、年末年始が近づいてきています。しかし、受験生は受験が終わるまで楽しみはお預けです。

高崎市の中学生は1月10日前後に私立高校の入試が控えています。また高3生は、センター試験が1月19日、20日の土日で実施しされます。

この直前期に多くの受験生は、気持ちが焦ってきます。たまに焦っていない生徒がいますが、多くの生徒は余裕がなくなってくるものです。

さて、今日は、入試直前期の勉強のやり方について書きますね。

この時期に私がよく受験生にアドバイスをすることは、「暗記と理解のバランスが大切だよ」と話します。

最後の直前期になると暗記だけに偏る傾向があります。英単語や英文法などもそうです。

しかし、英語でも国語でも配点が高いものは長文です。長文読解問題は、暗記よりも理解(論理力など)が重要です。
設問では何が問われているのか。この視点は暗記で、どうにかなるものではありません。

そして、その解を得るためには、何がわかればいいのか。1つずつステップを踏みながら、進めていくことが重要なわけです。
配点が高いものほど、暗記だけでは解けない。しかし、暗記事項がベースになっているのも事実。

この時期は、暗記だけに偏重しないようにしましょう。
★スカイ予備校の冬期講習は1日10時間。ご興味のある方は、ご連絡ください。

スカイ予備校 五十嵐無料体験実施中 お気軽にお問い合わせください。0120−5955−37