「結局は基礎・基本の徹底学習が一番強い」


自己解決能力を育む学習塾、 スカイ予備校  塾長五十嵐です。
☆おかげさまで、8年連続国公立大学の合格実績が達成できました。
===================


「結局は基礎・基本の徹底学習が一番強い」

自己解決能力を育む学習塾、 スカイ予備校  塾長五十嵐です。
今日は12月16日です。今年もあと2週間程度となりました。

中3生は1月の私立入試に備えて、過去問題をする者や公立の勉強のため、再度自分がこれまでにやってきた問題などをしっかりと復習しています。
高3生はセンター試験が1月19日にありますから、その対策勉強を継続しています。

私は私立高校のこの直前期でも、基礎基本をしっかりと学習することが、最後に勝つ最良の方法だと思っています。

具体的に言えば、中3生であれば、計算のケアレスミスをしない、英単語のスペルが正確に書ける。理科や社会の曖昧な知識は徹底的に潰す、など

高3生であれば、これまでに自分が覚えてきた英単語集の中で、忘れている英単語がないか確認する、数学の公式がうろ覚えになっていないか確認する、などです。

多くの塾では冬休みは私立高校の過去問題などをやっています。私は、先日の記事でも書きましたが、学校が休みになっている冬休みには、私立も過去問題をやるのは、もったいないと思っています。

私立単願で受験する場合は別ですが、公立高校が第1希望であれば、冬休みも公立高校の受験勉強をした方がはるかに成果に繋がると思っています。

特に理科と社会は覚えれば、すぐに点数につながります。理科の生物、地学、科学分野の暗記事項は、しっかりと覚えましょう。社会の歴史の流れ、人物名、戦争の名前なども漏れがないか、もう1度この時期に確認しましょう。

スカイ予備校では、中3生に中1からの英文法のやり直しをさせています。誰もが絶対にできてほしい文法事項でも、結構忘れている生徒もいます。

こうやって、基礎、基本を何回も繰り返すことが一番大切です。

スカイ予備校  塾長五十嵐0120−5955−37