「受験生:冬期講習は1日10時間学習します。」その4あと1ヶ月でセンター試験英語の点数を上げる!


自己解決能力を育む学習塾、 スカイ予備校  塾長五十嵐です。
☆おかげさまで、8年連続国公立大学の合格実績が達成できました。


===================
「受験生:冬期講習は1日10時間学習します。」その4あと1ヶ月でセンター試験英語の点数を上げる!

自己解決能力を育む学習塾、スカイ予備校  塾長五十嵐です。

あと1ヶ月でセンター試験となります。高3生の皆さん、勉強の調子はどうでしょうか?

残された期間はあと1ヶ月。しかし、まだまだできることはたくさんあります。
特に、冬期講習、年末年始など1日15時間勉強しても、あと9時間も残っています。笑

さて、あと1ヶ月でセンター試験の得点をアップさせる方法はいくつかあるのですが、英語でずっこけてしますと、かなり不利になります。
志望校を変更しなければならなくなります。

だから英語は絶対に失敗はできません。英語で大きな配点があるのは、やはり長文です。特に一番最後の問題ですね。この最後の長文問題をしっかりと満点を取れるだけで、かなり得点力が上がります。そうなると、長文をしっかりとできるかどうかが、志望校合格のための条件とも言えます。

では、どうやったら英語の長文で得点アップができるのか、ですね。
まず最初に日本語訳を読んでみてください。そして、設問も日本語訳を読み、選択肢を選んでみてください。

全問正解になりますか?もしならないのであれば、それは英語の問題ではありません。国語の読解の問題です。

もし、日本語で全部書かれていれば、全問正解をすることができるのであれば、あとはそれを英語から日本語に速読できればいいのです。

具体的には、スラッシュ・リーディングを心がけるのです。スラッシュ・リーディングを知らない人がいれば、ググってみてください。

 このテクニックを知っているだけで、かなり速く英語を読むことができるようになります。

そして、毎日2。3本の英文を読んでください。センター試験用の模試で、英語の最後の問題だけをやってもいいと思います。

そして、これがわかれば解けた!という知らない英単語やイディオム(熟語)があります。

これをかたっぱしから、紙に書き出します。紙を縦半分におり、左側に英単語、右側に日本語訳をピックアップし、それを毎日見て覚えていきましょう。それをやるだけでも、かなり語彙力がアップします。そして、スラッシュ・リーディングで速読できれば、英語の最後の問題も満点をとるlことも夢ではありません。
まだまだ時間はあります。焦らずにしっかりやっていきましょう。

スカイ予備校 五十嵐

無料体験実施中 お気軽にお問い合わせください。0120−5955−37