推薦入試・AO入試対策 小論文講座(全国対応通信添削)

現在の大学入試は、推薦入試やAO入試で11月までに合格するケースが多々あります。その時に、大切なのが内申点、自己推薦文、面接、小論文です。

この中で、小論文ほど指導者で大きく点差が開く科目はありません。小論文は、適切な指導を受ければ、必ず合格する点数を取ることができます。

スカイ予備校の塾長の五十嵐がこれまで20年以上の小論文指導の経験を生かした指導を受けることで、小論文に対する心配はゼロになります。

もし小論文試験に自信がない場合は、高1や高2の早い段階での指導をお勧めします。1週間に1回、90分の勉強で合格レベルの答案が書けるようになります。1週間に1回、90分だけ十分です。

もしあなたが高3生であれば、1週間に1回60分×2回程度の学習で合格答案になります。

小論文は適切な指導を受けるとすぐにレベルが上がる

指導方法は、ラインを使って実施します。

毎回小論文のテーマが与えられますので、そのテーマに即した答案を、毎週日曜日の午後11時59分まで、五十嵐まで送ってください。そして、次週の金曜日の夜までにラインを通じて、あなたに返却します。

多くの小論文指導塾の添削は、先生が答案に赤ペンで添削を入れるだけです。しかし、それではフィードバック(情報量)がかなり少なく制限されます。スカイ予備校の小論文添削は、あなたの答案に対して、動画で返却するものです。このようなスタイルは、私は5年前から実施しています。単なる赤ペン添削とあなただけの映像添削では、指導内容も雲泥の差です。

また高1の早い時期にスタートすればするほど、あなたの推薦入試やAO入試は有利になります。何か質問などがあれば、お気軽にお電話ください。

スカイ予備校 五十嵐 まで

お問い合わせ お電話ください。0120−5955−37

<注意>この講座は高3の8月までの指導です。

9月以降は別のカリキュラムとなります。高3の9月以降は別のコースとなります。お問い合わせください。

(私立大学:推薦含む)
慶應大学、中央大学、立教大学、法政大学、明治大学、日本大学、専修大学、東洋大学、駒澤大学、立命館大学 他

(医療系大学:推薦含む)
群馬大学(看護)、群馬県民健康科学大学(看護)、岐阜県立大学(看護)、パース大学(看護)、新見公立大学(看護)、京都府立医科大学(看護)、大分大学(看護)、埼玉県立大学(看護・検査)他