群馬大学共同教育学部合格 センターリサーチ E判定未満(データ圏外)から合格

群馬大学共同教育学部合格

<センターリサーチ E判定未満(データ圏外)から合格>

6日の国立大大学の合格発表で、Bくんが

群馬大学共同教育学部に合格しました。

彼は、センター試験で大失敗。

判定がE判定ではなく、その下のデータ圏外でした。

普通、これは無理だろう!と思いますが、

私は「ダメでもともと、諦めるな!」と激励をしました。

群馬大学の教育学部は共同教育学部と名前が変わり、試験方法も変わり、

過去問題などがあまり参考にならない状況でした。こういう変化の時ほど、

大チャンスです。(私の持論です。笑)

また面接指導を徹底的に指導しました。

君の強みは何か?

なぜ教師になりたい?

子ども達に何を伝える?

日本の将来を生き抜く子ども達に必要な能力とは?

理想の教育とは?

など、大人でも即答できない無茶振り質問を連日特訓しました。多分、これがよかったのだと思います。

そこまでハードな面接トレーニングをした受験生はいないはず。だから、面接の受け答えに自信に溢れ、それが面接官に伝わったのではないかな、と思います。

この生徒さんも人生変わったかな!?

少なくとも諦めない気持ちの大切さは、実感できたはず。

それを教師になっても、子供たちに伝えて欲しいですね。

合格したお母様から、メールをいただきました。

====================

●●●●の母です。

この度は、本当にお世話になりました。

無事、合格通知も届き、本当に合格したんだと親子共々、安心致しました。

センター試験での予想外の点数の低さに今年は諦めていましたが、来年の為、今年出来る事をやれるだけやろうと、先生にご相談しました。

しかし先生からの、『望みは捨てずに』という言葉に励まされ、来年ではなく、今年決めるという気持ちに変化したようです。

D判定からでも逆転」という言葉がありましたが、息子の場合、本命ではデータベースでは欄外、1つ落として第二希望でもE判定でした。

しかし、今年から受験方法が変わり、去年までの過去問があてにならない状態だったため、尚更先生の指導が生きたように思います。

面接では、面接官の突っ込んだ質問にも堂々と対応できたらしく、前期試験後はセンター試験後の時とは別人のように、やり切った顔をしておりました。

正直本人任せでしたので指導内容はわかりませんが、試験当日、自信を持って望めた事が非常に大きく、それが合格に繋がったのではないかと思います。

短い期間でしたが、その自信を持てるまで、指導して頂けたことに本当に感謝しております。

先生にご指導いただけて良かったです。本当にありがとうございました。