2021年度群馬県立女子大 総合型選抜試験の変更点

2021年度群馬県立女子大 総合型選抜試験の変更点

群馬県立女子大学HP
群馬県立女子大学【総合選抜】2021年変更点

群馬県高崎市のスカイ予備校の塾長の五十嵐です。

今日は、佐波郡玉村町にある群馬県立女子大学の総合型選抜入試の変更点が発表されたことに対して解説します。

2021年度群馬県立女子大 総合型選抜試験の変更点

新コロナウィルスが蔓延する現在、大学入試も様々な入試スタイルをとっています。群馬県立女子大も例外ではありません。

2020年8月29日に群馬県立女子大学から発表された事は注目すべき点が多々ありました。

これはあくまでも面接試験やプレゼンテーション試験の代替措置として、受験生の受験機会を確保することを目的とした変更です。

具体的に言えば、文学部の国文学科と国際教養学科、そして国際コミュニケーション学部においては、

面接試験の代わりにプレゼンテーションの動画

を提出することができます。最近の入試変更においてこのように面接の代わりに動画を作りそれを提出するという大学が増えてます。

なお美術学科では、動画による提出ではなく、紙媒体の資料を提出することを義務付けています。

これらの国文学科と国際教養学科そして国際コミュニケーション学部において、動画の提出と紙の資料の提出は、どちらがよいのか悩むところです。

しかし私は圧倒的に動画による提出をお勧めします。

動画制作というと皆さん、とてもむずかしく感じられるかもしれませんが、自分のスマホを使えばそれほど難しいことではありません。逆に動画の画質よりも「音質」などに注意を払うことのほうが重要です。

ここでなぜ動画のほうが有利かと言う話をします。

当たり前ですが文章を読むと頭が疲れます。しかし動画で見るとをそれが文字で読むよりも頭の負担がはるかに少ないわけです。

また受験生であるあなたの顔や姿がうつしだされることにより、あなたという受験生を明確にイメージできます。

そしてあなたは自分がどうしても群馬県立女子大学に行きたいという情熱やあなたの元気な明るい表情、動き回る躍動感を画面越しですが、面接官に伝えることができます。。紙媒体ではできないアピールをすることができるのです。

注意する点としては、編集などをしてはいけない点です。まだカメラワークなどアングルや構図などは一切気にする必要はありません。

アドバイスとしてはカメラを固定することが重要です。家族や友人にカメラを構えてもらい撮影することは問題ありません。

しかしカメラを人間に持ってもらうと手振れが生じ、画面がゆらゆらと入れて見る人は気持ち悪くなってしまいます。

三脚などをアマゾンなどで1,000円で売っているもので十分です。

ですから、カメラを必ず固定して撮影しましょう。

最も大切なことは台本です。

プレゼンは台本で決まる!

台本とは動画の中で、話すことを文字にしたものです。この台本に沿ってあなたは動画作りをすることになります。この台本がとても重要です。

台本の構成は小論文の構成とほとんど同じでいいと思います。

台本の最初に結論を言うことが大切です。次にその根拠や理由を述べ具体例を述べていきます。しかし、プレゼンである以上自分の強みなどをしっかりと明確化し、声の抑揚や表情などに注意する必要もあります。

そして募集要項にも書いてありますが、動き回ることもできます。

動き回るということは、プレゼンの資料を中心に自分の立ち位置を変えて、見ている人を飽きさせない工夫もできるということです。

動画のプレゼントいうとすごく難しいように思いますが、何回もリハーサルができるので逆にクオリティの高いものを提出できると思います。

多くの受験生は、学校の先生や友達と動画撮影をすると思います。だから、それらを上回る動画を作り、自分最高のプレゼンを動画にしなければなりません。

しかも何回も何回も録り直したり、台本を書き直す事は自分自身でやらないといけません。大変かもしれませんが、これで群馬県立女子大に合格できると思えばガンバレると思います。

とは言え一般入試の勉強もしなければならない、という現実もある。

これらのを総合型入試は10月に実施されますが、もし仮に不合格だった時のことを考えて一般入試の勉強もしなければなりません。

そうなると、この動画制作に必要以上に時間をかけられないという現実があります。

このようなときは我々のような予備校でフォローしますのでよろしくあったらお電話ください。 0120-5955-37

「受験は戦略が1番大切です」

無駄な時間を過ごさないように戦略を立て有意義にいちにちいちにちを過ごしましょう。台本制作や資料政策のフォロー、リハーサル動画のチェックなども実施していきます。

さらに詳しい動画はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓