特徴

大学受験

勉強が伸びる高校生の7つの特徴

高校生向けの読書感想文の基本的な構成は、導入、本文、結論。導入ではテーマや著者に触れ、興味を引く。本文は明確な主題を設定し、具体的なエピソードや引用を交え、主観的な感想も表現。結論では要点をまとめ、印象を強調。良い感想文を書くためには主題の抽出、引用の活用、感情表現が必要。自分らしいスタイルを見つけるには感性に正直であり、他者の意見も取り入れつつ独自性を発揮。深い読解力を発揮するにはテーマや著者の意図を理解し、登場人物や設定にも注目。感想文を書き終えたら他者のフィードバックを受け入れ、自己評価を行い、次回の成長に向けた計画をたてる。読解力や表現力を他の場面にも活かして総合的なスキルアップを図る。