英語のテスト勉強のやり方は?英語のおすすめの勉強方法と前日の対策!

高校入試

「英語のテスト勉強のやり方が分からない!」

テスト勉強をしているつもりでも、思ったより点数が取れないことはありませんか?そんな時はやり方を見直してみましょう。

この記事では、英語のテスト勉強のやり方について、おすすめの勉強方法を紹介していきます。定期テスト対策に加えて、実力テストや模試、さらには受験での実力をつけるための勉強方法を解説していきましょう。

この記事を読むことで、自分の英語のテスト勉強のやり方と比較できるので、やり方を見直すときのヒントになるでしょう。

英語の実力を伸ばしたいと考えている人は、ぜひ最後まで読んでみて下さい!

記事の監修者:五十嵐弓益(いがらし ゆみます)

全国通信教育
最短合格オンラインのスカイ予備校 校長
小論文指導歴23年
これまでに指導した生徒は4000人以上
独自のSKYメソッドを考案 8割取る答案
スカイ予備校を高崎市内に開校し、2021年4月から、完全オンラインの大学受験予備校となりました。
完全オンライン予備校となった1年目から、国公立大学に27名の合格者を出すことができました。
スカイ予備校の指導方針は、「大人になっても役に立つ勉強法の習得」です。「自分の人生は自分で切り拓く」教育をします

1日15分から繰り返し勉強する

これは英語の学習で最も重要といえるでしょう。英語のテスト勉強は1日ではできません。繰り返し勉強することが地道な印象ですが、英語の実力を上げるには一番の近道です。

15分間に勉強する内容ですが、まずは、学校の予習と復習を行うことで、毎日の学習を定着させてください。学習習慣がついていない人は、宿題を必ずするというところから身に付けるといいでしょう。

宿題がこなせるようになったら、教科書の音読を加えていきましょう。教科書の音読を続けることで、教科書の暗記にもつながりますし、単語や基本的な英文を覚えることもできますよ。

五十嵐塾長
五十嵐塾長

学校の予習、復習、音読ができるようになったら、学校外の英語を取り入れていきましょう。後で紹介する、英語のアウトプットとリスニングに挑戦してみて下さい!英語の学習では「読む」「書く」「聞く」をバランスよく行っていくことで実力を伸ばしていくことができますよ。

学校のプリントやワークに取り組む

学校の定期テストは、基本的に授業で習った内容から出ます。ですので、定期テスト勉強では、学校から出されたプリント、ワークを必ず復習しましょう。

学校のプリントやワークはテスト範囲が出る前にも宿題として取り組んでいるかもしれません。しかし、繰り返し解くことで知識は定着していくので、テスト範囲が発表されたら、再度解くようにしましょう。そこで間違えた問題はテストまでにもう一度解いてみてください。

市販の問題集で勉強

学校のプリントやワークの復習が終わったら、市販の問題集に取り組みましょう。これは、テスト1週間前が目安です。学校のワークの方が優先なので、間に合わない人はまずは学校の課題を優先してください。

平均点以上、さらに90点以上を目指す人は難易度が高めの問題集に取り組みましょう。基本問題は学校のワークで十分です。ワークより難しいと感じる問題集に、1~2冊程度挑戦してください。

五十嵐塾長
五十嵐塾長

定期テスト前日は、間違えた問題の復習を中心に全体を見直してください。英語は知識を積み重ねていく学問です。テスト前日に全ての勉強はできません。前日は、自分の間違えた問題の復習をして、あとはしっかり睡眠もとりましょう。

英語で日記を書く

ここからは定期テスト勉強に加えて、英語の実力を上げるためのやり方を紹介していきます。毎日の勉強に取り入れることで、英語の実力が上がっていきますよ!

まず、英語で日記を書いてみましょう。

教科書の決まった形を覚えることも大切ですが、習った英語とアウトプットして使っていくことで、身に付いた英語になっていきます。自分の知っている英語で、英作文をしてみて下さい。

五十嵐塾長
五十嵐塾長

日記は続かない、と思う人もいるでしょう。私もあまり、継続力がない方なので気持ちがよく分かります!そんな人でも、1日1文から挑戦してみましょう。文法やスペルを気にし過ぎず、英語を使うことに慣れるためと思って、気軽に始めてみて下さい。

SNSで英語をアウトプットする

日記をSNSで見てもらうことも有効です。誰かが見てくれるとモチベーションを高く保てますよ!

英文を書くのは、お気に入りのノートでも、スマホのアプリでもいいのです。英語のアウトプットを継続するために自分が気持ちよく、楽しく取り組めることを大切にしましょう。

ニュースを英語で聞く

英語の学習では、英語を書くことに加えて、英語のリスニング力も向上させることが大切です。なぜなら、現在の大学受験では英語が受験科目の場合が多く、さらにリスニングを含むことも多いからです。

まずは、ニュースを英語で聞いてみましょう。これもテレビだけでなく、スマホのアプリを使うと、英語のニュースは多く見つかります。また、ニュースを読み上げる速さを変えられるアプリもあるので、自分に合った方法を選ぶと英語の学習に大いに役立ちますよ!

数分程度の動画や音声を何度も聞く

英語の映画やドラマを見ることも、勉強にはなりますが、短い動画の方が繰り返し聞くことに適しています。1度聞いただけでは頭に残りにくいですよね。数分の動画や音声を繰り返し聞き、聞き取れるようになったら、自分で声に出していってみるとさらに効果的です。

まとめ

英語をはじめとした語学の勉強は1日で身に付くものではありません。テスト前日だけの勉強では点数が取れないので、毎日の積み重ねを大切にしてください。

定期テストだけでなく英語の実力を上げたい場合は、日々の英語勉強の中に学校の学習以外の内容を取り入れていきましょう。最近では英語学習に効果的なスマホアプリも多くありますよ!

続けることが大切ですので、自分が継続可能な英語の勉強のやり方を見つけてくださいね。

スカイメソッド小論文対策の動画プレゼント!
無料LINE登録で動画を受け取る
タイトルとURLをコピーしました