【一般入試・後期】沖縄県立芸術大学 美術工芸学部 美術学科絵画専攻 小論文過去問題集▼限定特典『模範解答』あり▼

小論文過去問題

過去問題の模範解答無料プレゼントあり:限定10名まで

詳細はLINE登録にて、「過去問題模範解答希望」と書いてください。

沖縄県立芸術大学 美術工芸学部 美術学科絵画専攻 の概要

美術学科絵画専攻は、視覚芸術の探求と表現を重視します。伝統的な技術と現代の表現手法を融合し、絵画の基礎から発展的な技術、アートの歴史的背景や理論に深く触れます。学生は自己表現を育みながら、創造性を伸ばし、個々の芸術的アイデンティティを探求します。また、アートの社会的役割や文化的影響についても学び、独自の視点でアートを捉え、社会に対するアーティストとしての貢献を模索します。豊かな創造性と深い美術理解を養い、芸術の可能性を追求する場となっています。

記事の監修者:五十嵐弓益(いがらし ゆみます)

【全国通信教育】最短合格オンラインのスカイ予備校 校長
■小論文指導歴25年
これまでに指導した生徒は4000人以上、独自のSKYメソッドを考案で8割取る答案の作り方を指導。
スカイ予備校を高崎市内に開校し、2021年4月から、完全オンラインの大学受験予備校となり1年目から、国公立大学に27名の合格者を輩出。スカイ予備校の指導方針は、「大人になっても役に立つ勉強法の習得」です。「自分の人生は自分で切り拓く」教育をします
☆知らないと損する「小論文やっていはいけないNG動画」を無料プレゼント中!

後期 美術工芸学部美術学科絵画専攻

2022年後期 遠隔入試/提出型 B00字 100点/1000点

問題 沖縄固有の芸術文化や自然について、あなたはどのような関心を持っていますか。沖縄で学ぶことの意義についてあなたの着限点を自由に論じなさい。

2021年後期 提出型 800字 100点/1000点

問題 絵画制作におけるデッサン、素描、写生の役割についで自由に論じなさい。(800字以内)

2020年後期 60分 800字 100点/1000点

問題 昨年の「首里城炎上」は、県民をはじめ、多くの人々がその文化遺産の焼失を目の当たりにし、衝撃を受けた出来事でした。この出来事からあなたの気づきや想うところを自由に論じなさい。文字数は、400字以上、800字以内。

2019年後期 60分 800字 100点/1000点

問題 「身体のもつ美しさ」について、表現者としてどのような視点を持つことができるだろうか。二つの視点(観点)を設定し、あなたの考えを論じなさい。文字数は、400字以上、800字以内。

2018年後期 60分 800字 100点/1000点

問題 あなたにとって「美しさ」とは何か。自由に論じなさい。文字数は、400字以上、800字以内とする。

沖縄県立芸術大学 美術工芸学部 美術学科絵画専攻模範解答を無料プレゼント 以下からLINE登録して、沖縄県立芸術大学 美術工芸学部 美術学科絵画専攻の小論文の模範解答希望」と答えてください。↓↓↓↓↓↓↓

沖縄県立芸術大学 美術工芸学部 美術学科絵画専攻の志望理由書や面接対策として理解を深めておくと良い事柄など

美術学科絵画専攻では、創造性と表現力を持ち合わせた人材を求めています。芸術への情熱と意欲を持ち、絵画の基礎技術から発展的な表現まで幅広く探求したいと考える人に適しています。自己表現を重視し、伝統的な技術と現代のアート手法を組み合わせ、独自の芸術的視点を築きたい人が望まれます。また、社会や文化に対する洞察力や関心を持ち、アートを通じて社会への貢献や影響を考えることができる人材も重要視されます。絵画を通じて新たな視点を示し、芸術の力で社会にインスピレーションを与えることを目指す人が求められています。

志望理由書や、面接では、このようなことを背景に、あなたの過去の経験などを統合的に咀嚼し、適切な方法で大学側へ伝えることが大切です。

スカイ予備校では、「大人になっても役立つ勉強法の習得」及び「人生は自分で切り拓く」、この観点から、学習戦略コーチGSCを導入し、ゼロからあなたと一緒に受験対策に臨みます。そのため、ある種、人間性を評価される面接や小論文において、面接官や出題者(大学の先生)に強く響く表現力を身につけることができます。具体的には、ライバルと雲泥の差をつける大人にしっかりと伝わる面接の必殺技、そして、ただ、24の論点を暗記するだけで、嫌でも小論文が書けるようなカリキュラムを用意していることです。

例えば、「小論文に何を書けばいいかわからない」とか、「小論文が入試にあるだけで志望校を諦めてしまう..」など苦しい意見が多いのも事実です。その原因は、勉強の仕方とか努力が足りないといったことではなく、小論文の書き方が体系化されていない現状が最大のボトルネックだからです。

これに対し、スカイ予備校では、「スカイメソッド」を開発し、小論文の体系化に成功しました。簡単に言うと、小論文には『型』があり、この型に従い、ただ、ペンを動かすだけで誰でも楽に小論文が書けるというものです。このメソッドは、最短約14日間あれば試験にしっかりと臨むことができます。そして、何よりお伝えしたいことは、偏差値40台やE判定の崖っぷち受験生を国公立大学へ合格させ続けていること。これが何よりの証明です。

スカイ予備校では、数に限りはありますが、各大学に合わせた小論文模範解答も準備しています。下記より、LINE登録するだけで過去問題の模範解答だけでなく、合格ラインでライバルに『+α』の差をつける秘伝の極意を見ることができます。

受験勉強を継続することは辛く、言葉にできるほど単純なものではありませんが、このある一定期間の努力、それもスマートな努力が大学での学生生活、さらには社会人になってからの人生の軸を大きく左右するとも言えます。まずは、「とりあえず」の気持ちで登録し、第一志望大学合格への最短最速ルートを一緒に歩んでいきましょう。

無料の個別相談会を実施しています。志望大学の選び方、選択科目、小論文の書き方など推薦合格の受験戦略を一緒に考えます。(オンライン個別相談会は無料です。入会を強制するものではりません。)以下のLINE登録からご連絡ください。

タイトルとURLをコピーしました