【一般入試・後期】長崎県立大学経営学部小論文過去問題集▼限定特典『模範解答』あり▼

小論文過去問題

過去問題の模範解答無料プレゼントあり:限定10名まで

詳細はLINE登録にて、「過去問題模範解答希望」と書いてください。

長崎県立大学経営学部の概要

経営学部は、経営学に焦点を当てた総合的な教育を提供しています。実践的なカリキュラムと産学連携を重視し、経営理論や実務的なスキルを学ぶことができます。国際化にも力を入れ、留学や国際的な取り組みを通じて幅広い視野を育みます。地域との密接な関係を大切にし、地域社会への貢献や地域経済の活性化にも取り組んでいます。学生のキャリア形成を支援し、将来のビジネスリーダーやイノベーターを育成することを目指しています。

記事の監修者:五十嵐弓益(いがらし ゆみます)

【全国通信教育】最短合格オンラインのスカイ予備校 校長
■小論文指導歴25年
これまでに指導した生徒は4000人以上、独自のSKYメソッドを考案で8割取る答案の作り方を指導。
スカイ予備校を高崎市内に開校し、2021年4月から、完全オンラインの大学受験予備校となり1年目から、国公立大学に27名の合格者を輩出。スカイ予備校の指導方針は、「大人になっても役に立つ勉強法の習得」です。「自分の人生は自分で切り拓く」教育をします
☆知らないと損する「小論文やっていはいけないNG動画」を無料プレゼント中!

後期 経営学部

2021年後期 90分 1000字 100点/700点

[出典]=日本経済新聞朝刊2021年1月1日「展望2021 やる気刺激「働きがい改革」大手もジョプ型雇用導入」、資料5=日本経済新聞朝刊2020年8月27日の記事「ジョブ型雇用 日本の論点 上」、資料6・7=日本経済新聞朝刊2020年10月7日の記事「テレワーク 分かれる評価」※資料一部省略

【問題】 2019年の働き方改革関連法の施行により、日本では働き方の改革への本格的な取り組みが開始され、そして、2020年の新型コロナウイルス感楽症の拡大は、日本人の働き方に大きな影響を及ぼ
した。また近年「ジョプ型雇用」が注目され、採用する企業が増えつつある。課題文と資料を踏まえ、これからの日本企業における働き方や雇用の在り方について、あなたの考えを800字以上1000字以内で述べなさい。

2020年後期 90分 1200字 100点/経営700点·国際経営750点

[出典] 「「外国人雇用状況」の届出状況まとめ(平成30年10月末現在)」(厚生労働省)

【問題】 資料1〜3を読み、各表を参照の上、日本の外国人労働者の受け入れ状況の特徴を踏まえて、日本の中小企業を想定した外国人労働者の受け入れ体制の在り方について、あなたの考えを1000字以上1200字以内で述べてください。例えば、あなたの経験、知っている身近な企業等を事例として挙げても構いません。解答は横書きとします。

長崎県立大学経営学部模範解答を無料プレゼント 以下からLINE登録して、
「長崎県立大学経営学部の小論文の模範解答希望」と返信してください。↓↓↓↓↓↓↓

2019年後期 90分 1200字 100点/経営700点·国際経営750点

[出典] 資料1=総務省から日本の総人口推移の表。資料2=日本経済新聞2018年3月31日から九州・沖
縄の将来推計人口の表、資料3=佐藤智恵著『ハーパード日本史教室』(中央公論新社,2017年)

設問1 資料1、2の表を読み解き、日本の国内市場が抱える課題は何かを200字以上300字以内で述べてください。

設問2 設問1の解答結果を踏まえ、資料3のインタビュー文を読み、地方の中小企業は今後どうすればよいか、あなたの考えを800字以上900字以内で述べてください。たとえば、あなたが知っている身近な企業等を事例としてあげても構いません。

2018年後期 90分 800字 100点/経営700点·国際経営750点

[出典] 天野祐吉著「成長から成熟へ一さよなら経済大国』(集英社,2013年)

設問一 課題文を320字以上400字以内で要約しなさい。
設問二 課題文で述べられているような1950年代のアメリカを中心にして広まった企業の戦略を、どのように評価するか。その後の企業、経済、社会の動きを踏まえながら、あなたの考えを320字以上400字以内でまとめなさい。

長崎県立大学経営学部の志望理由書や面接対策として理解を深めておくと良い事柄など

経営学部では、経営、マーケティング、流通、会計などに関心を持ち、国内外の企業活動や、現場の仕組みに関心を持っていること。また、高い企画・立案力を持って、地域や国際社会の発展に貢献したい意欲あるが求められます。

志望理由書や面接では、これらを背景に、志望動機とその具体的理由はもちろんのこと、研究や専攻分野への興味、将来のビジョンと大学での学びの関連性、過去の経験や活動のアピール、そして、あなたの強みを適切な方法で大学へ伝えることが大切です。

スカイ予備校では、大人になっても役立つ勉強法の習得、及び人生は自分で切り拓く、この観点から、学習戦略コーチGSCを導入し、ゼロからあなたと一緒に受験対策に臨みます。そのため、ある種、人間性を評価される面接や小論文において、面接官や出題者(大学の先生)に強く響く表現力を身につけることができます。具体的には、ライバルと雲泥の差をつける大人にしっかりと伝わる面接の必殺技、そして、ただ、24の論点を暗記するだけで、嫌でも小論文が書けるようなカリキュラムを用意していることです。

例えば、「小論文に何を書けばいいかわからない」とか、「小論文が入試にあるだけで志望校を諦めてしまう..」など苦しい意見が多いのも事実です。その原因は、勉強の仕方とか努力が足りないといったことではなく、小論文の書き方が体系化されていない現状が最大の原因だからです。

これに対し、スカイ予備校では、「スカイメソッド」を開発し、小論文の体系化に成功しました。簡単に言うと、小論文には『型』があり、この型に従い、ただ、ペンを動かすだけで誰でも楽に小論文が書けるというものです。このメソッドは、最短約14日間あれば試験にしっかりと臨むことができます。そして、何よりお伝えしたいことは、偏差値40台やE判定の崖っぷち受験生を国公立大学へ合格させ続けていること。これが何よりの証明です。

スカイ予備校では、数に限りはありますが、各大学に合わせた小論文模範解答も準備しています。下記より、LINE登録するだけで過去問題の模範解答だけでなく、合格ラインでライバルに『+α』の差をつける秘伝の極意を見ることができます。

受験勉強を継続することは辛く、言葉にできるほど単純なものではありませんが、このある一定期間の努力、それもスマートな努力が大学での学生生活、さらには社会人になってからの人生の軸を大きく左右するとも言えます。まずは、「とりあえず」の気持ちで登録し、第一志望大学合格への最短最速ルートを一緒に歩んでいきましょう。

無料の個別相談会を実施しています。志望大学の選び方、選択科目、小論文の書き方など推薦合格の受験戦略を一緒に考えます。(オンライン個別相談会は無料です。入会を強制するものではりません。)以下のLINE登録からご連絡ください。

タイトルとURLをコピーしました