大学入試面接の質問にはどう答える?自己PRの例文や受かる人の回答例! 

大学受験
  • 面接にはどのような形式があるの? 
  • どのような流れで進むの? 
  • 気になる服装や作法のマナーは? 
  • どんなことが質問されるの? 
  • どう答えたら合格できるの? 

総合型選抜や学校推薦型選抜において、必ずと言っていいほど実施される面接。

面接は、大学が受験生に様々な質問を投げかけ、大学の求めている人物なのかを見極めるために行われるものです。

受験生としては、わからないことや心配なことがたくさんありますよね。 

この記事ではこれらの疑問について、わかりやすく解説していきます。

まずは大学入試面接をよく知り、一つ一つ時間をかけて、丁寧に準備していきましょう!

記事の監修者:五十嵐弓益(いがらし ゆみます)

全国通信教育
最短合格オンラインのスカイ予備校 校長
小論文指導歴23年
これまでに指導した生徒は4000人以上
独自のSKYメソッドを考案 8割取る答案
スカイ予備校を高崎市内に開校し、2021年4月から、完全オンラインの大学受験予備校となりました。
完全オンライン予備校となった1年目から、国公立大学に27名の合格者を出すことができました。
スカイ予備校の指導方針は、「大人になっても役に立つ勉強法の習得」です。「自分の人生は自分で切り拓く」教育をします

スカイ予備校の合格実績はこちらから
(スカイ予備校は2022年度入試<オンライン1年目>で国公立大学に名27合格しました。)
小論文の無料体験をご希望の方は、以下のサイトからください。(限定10名)

大学入試面接について 

まずは大学入試面接の形式、面接の流れ、服装や作法のマナーについて見ていきます。

大学面接の形式 

大学入試面接にはいくつかの形式があります。どの形式であっても対応できるように、準備しておきましょう。 

個人面接 

受験生1人に対して面接官が1人または複数人で行われるもので、最も一般的な形式です。面接時間は5分〜20分程度です。事前に提出した志望理由書などをもとに質問されます。受験生の回答に対してさらに掘り下げた質問がされたり、違った角度から質問されたりします。

五十嵐塾長
五十嵐塾長

集団面接やグループディスカッションに加えて、個人面接を行う学校もあります。

集団面接 

複数の受験生が一緒に面接試験を受ける形式です。受験生は2〜6人、面接官は1〜3人が一般的です。面接時間は10〜30分程度ですが、一人一人が面接官と話す時間は個人面接よりも短くなります。 

全員に同じ質問がされて順番に答えを求められたり、それぞれに違う質問がされたりします。他の受験生の回答を受けて、答えを求められることもあります。

五十嵐塾長
五十嵐塾長

他の受験生の話もよく聴くことが肝要です。

グループディスカッション 

受験生5〜10人程度がグループになり、特定のテーマについてディスカッションを行う形式です。

グループディスカッションはディベートとは異なり、誰かを論破する場ではありません。面接官は、受験生が自らの主張をメンバーに認めさせようとするのではなく、互いに傾聴し、健全な議論をしようという姿勢をもっているかを見ています。

五十嵐塾長
五十嵐塾長

自分の能力を最大限に発揮しながら、他のメンバーのパフォーマンスも高めるような対応を心がけましょう。 

口頭試問 

教科や専門分野に関しての質問がされる形式です。学習意欲、基礎学力、論理的思考能力、プレゼンテーション能力が評価されます。

五十嵐塾長
五十嵐塾長

質問内容は、志望学部に関連する高校の教科についてです。学部や学科に関連した専門的なことが質問される場合もあるので、大学のホームページや関連書籍で勉強しておきましょう。 

オンライン面接 

最近ではオンライン面接を行う大学もあります。個人面接、集団面接などの内容についてはリアル面接とあまり変わりません。オンライン面接独自の留意点としては、インターネット環境を整えること、使用するツールに慣れておくこと、静かな環境で面接を受けることなどが挙げられるでしょう。

五十嵐塾長
五十嵐塾長

オンラインの面接の場合は、接続ミスなどがあると印象が悪いです。

ZOOMなどにしっかり慣れておきましょう。ネット環境が悪いと聞き取りにくく、準備不足だと思われます。

大学面接の流れ

続いては、大学面接の流れについてです。面接はどのように進んでいくのでしょうか。多少の違いはあるかもしれませんが、どの面接もだいたい以下のような流れとなっています。

  • 受付  
  • 控室での待機  
  • 入室  
  • 着席  
  • 質疑応答  
  • 退室 

それぞれの場面でどのように振る舞えば良いのかについては、のちほど「作法とマナー」で詳しく説明していきますよ。

服装や作法のマナー 

第一印象を決める大きな要素は「視覚情報」であると言われています。これは大学入試の面接官においても同様でしょう。したがって入試面接においては、視覚情報すなわち「服装」や「マナー」が、話す内容と同じくらい重要となってくるのです。 

五十嵐塾長
五十嵐塾長

見た目の個性を大切にしたい、形式ばったマナーは堅苦しい…という気持ちはわかります! が、ここは面接官に対して敬意を払うという気持ちで、服装とマナーを整えて面接に臨みましょう。 

服装 

制服がある場合は制服を着ます。制服がない場合は、リクルートスーツか、無地の白シャツまたはブラウス+紺色のセーター+紺色のパンツまたはスカートなど、制服に似たような落ち着いた雰囲気の服を着ましょう。アクセサリー類は外すのが基本です。

シャツ・ブレザー・パンツ・スカートとも、前日までにアイロンをかけておきましょう。靴の汚れも落としておきます。シャツやブレザーのボタンは全部留め、ネクタイやリボンがある場合は、形良くしっかり結びます。女子のスカートの長さは膝丈が好印象です。フケや糸くずがついていないか、面接会場のトイレで鏡を見てチェックしましょう。 

男子の髪型は短髪が良いでしょう。香りが強かったりツヤを出したりするような整髪料は使いません。染髪やパーマもNGです。髭は、試験当日の朝きれいに剃りましょう。 

女子の髪型は、後ろの長さはどんな長さでも問題ありませんが、前髪は目にかからない長さにしておきましょう。後ろ髪も前髪も、長いときはゴムで結んだりピンで留めたりして、面接官から顔がしっかり見えるようにしておきます。やはり染髪やパーマはNGです。メイクも控えた方が良いでしょう。

五十嵐塾長
五十嵐塾長

最も大切なのは「清潔感」です!

作法とマナー 

続いて、面接の流れに沿って、作法とマナーのポイントを押さえていきましょう。挨拶やお辞儀の仕方は、知識としては知っていても、実際の場面で自然に振る舞えるかというと難しいものですよね。学校や塾で、先生と一緒に実際に体を動かして練習してみるのがオススメです。

受付

面接はもうここから始まっています。あいさつをして、名前を伝えましょう。面接で来校した旨を伝え、誘導に従って面接会場に向かいます。

控室

順番が来るまで静かに待ちます。足を組んだり歩き回ったりせず、姿勢を正して座って待ちましょう。スマホは電源を切っておきます。

入室

名前が呼ばれたら、大きな声で返事をして、面接室のドアを3回ノックします。

中からの返事を確認したら、「失礼します」と言って中に入ります。ドアは両手で開け閉めしましょう。

面接官に向かって笑顔で「失礼します」とあいさつをしてから、丁寧にお辞儀をします。マナーの基本は、言葉を言ってからお辞儀をする「分離礼」です。

お辞儀の後で「◯◯高等学校から参りました◯◯です。よろしくお願いします。」と自己紹介をします。

着席

面接官に着席を促されてから席に着きます。席に向かうときは、背筋を伸ばし、視線をまっすぐ前に向け、速やかに歩きましょう。

荷物は椅子の横側に置きます。置き場所の指定があるときは、指示に従いましょう。

座る姿勢は、背筋を伸ばし、椅子に浅めに腰かけるようにします。男子は両脚を肩幅程度に開き、両手を軽く握って膝の上に置きましょう。女子は膝をそろえて座り、手は左手を上に重ねて膝の上に置くと好印象です。

質疑応答

質問をよく聞き、面接官の目を見て答えましょう。難しいとは思いますが、真剣でありながらもにこやかな表情を作れることが理想です。話すときに髪を触るなどの癖がある人は、意識して癖を抑えるようにしてください。

話すときは、話し言葉や若者言葉は使わず、敬語を上手に使いましょう。 質問が理解できなかったときは、「恐れ入りますが、もう一度質問を伺えますでしょうか?」と言って、質問を聞き直しましょう。質問がわからないまま答えるのはNGです。 質問に答えられないときは、面接官に考える時間をもらうか、答えられない旨を伝えましょう。「調べてみます」などの前向きな言葉も添えられると良いですね。

退室 

面接の終了が告げられたら、座ったまま「ありがとうございました」と言って、お辞儀をしましょう。

椅子の横に立ち、「失礼いたします」とあいさつをして、再びお辞儀をします。

出口まで進んだら、面接官の方に向き直って、最後にもう一度「失礼いたします」とあいさつをしてから退室します。ドアは両手で開け閉めしましょう。

五十嵐塾長
五十嵐塾長

いろいろあって大変ですが、社会人になってからも役に立つことですので、がんばって覚えてしまいましょう! 

大学入試面接の質問と受かる人の回答例

いよいよ具体的な面接の内容について解説していきましょう。この記事では、よく質問される高校生活についてと大学生活の抱負について、詳しく見ていきましょう。

高校生活について 

頻出するのは、高校生活の中で力を入れたことについての質問です。そこで得たことを大学でどのように活かしたいかということもあわせて問われることがあります。

受かる回答例

「高校時代に力を入れてきたのは、吹奏楽部での活動です。私は部長として、演奏上の問題点を発見し、それを部員全員で共有し、解決の方向へ導くというリーダーの役割を学びました。皆が同じ方向を向き、素晴らしい演奏ができたときの喜びは、忘れる事ができません。

大学でもゼミナールなどで他の学生と協働する場面があると思います。部活動でリーダーとして培った経験を活かしたいです」 

大学生活の抱負について 

大学は学びの場です。やはり、勉強でがんばりたいことについて述べるのがベストです。志望学部や学科のカリキュラムやゼミナールについて触れる、そこで学ぶことによって取得できる資格について触れるなど、具体性や将来のビジョンを盛り込んだ内容にできると良いでしょう。 

受かる回答例

「介護福祉士の資格取得を目指して学びたいです。また、ボランティアサークルに入って、実際にお年寄りや障がいをもつ方々と接し、人の役に立てることの喜びや現場の苦労を肌で感じてみたいと思っています」 

五十嵐塾長
五十嵐塾長

受かる回答のポイントは、自分ならではの独自性を出すこと、具体的なエピソードを入れることです。

自己PRはどのように答える?自己PRの例文

最後に、もう一つよく問われる質問として挙げられる自己PRについて見ていきましょう。自己PRには、「何をやってきたか」「何ができるか」「今後どうしていきたいか」という3点を盛り込むことが必要です。

取得した資格や検定、特技、長所はもちろん、学校の勉強や部活でも構いません。あなたがしてきた努力や困難に立ち向かったこと、その過程で成長できたことや身についたこと、それを活かして大学ではどうしていきたいかということを、具体的なエピソードを交えてアピールしましょう。 

受かる回答例

「私は、将来国際紛争を解決する立場で活躍したいと考えています。そのためには語学力が必要だと考え、英検2級を取得しました。

はじめは苦手だったリスニングも、教材やメディアなどを通して、毎日英語に触れるよう努力し続けた結果、今では自信を持って取り組めるようになってきました。目標に向かって諦めずコツコツと努力できるところは、私の強みであると思っています。

大学では、さらに高い語学力を身につけるために、またさまざまな立場や環境の人と直接触れ合って幅広い視野を持つことができるように、交換留学プログラムに参加してみたいと考えています」 

五十嵐塾長
五十嵐塾長

3つのポイントを盛り込んで、あなたならではの回答を作り上げましょう!

そのあとに突っ込んだ質問がくるので、その回答のほうが重要です。

まとめ

今回は、大学入試面接の形式・流れ、服装やマナー、よく問われる質問と回答例について解説してきました。大学入試面接は、時間をかけて準備する必要があるということがお分かりいただけたでしょうか。

自らの良い面にも未熟な面にも目を向けて、自分はどんな人間なのか、これから大学でどのように学んでいきたいのか、深く考えなければならず、また添削や練習も必要となるため、受験生は一人で取り組むことに難しさを感じると思います。

しかし、面接対策はあなたをひと回り大きく成長させてくれるはずです! 当日に自信を持って臨めるよう、念入りに準備しましょう。

五十嵐塾長
五十嵐塾長

当塾では面接対策のサポートを行っております。 無料体験を実施しているので、お気軽にオンラインを体験してみてください。 

スカイメソッド小論文対策の動画プレゼント!
無料LINE登録で動画を受け取る
タイトルとURLをコピーしました